業界一親切な真空管マイスターがいる専門店

 

お支払方法ロゴ

1万円(税込)以上送料無料・最短翌日配送

ヴィンテージサウンドロゴ

理想サウンドを叶える真空管

お見積り

電話無料相談はこちら

トップ

お客様の声

商品一覧

送料支払い

よくあるご質問

サイトマップ

会社概要

ポリシー

マスコミ紹介

リンクフリー

 

バー

真空管トラブル110番

代表のブログ

間違いだらけの真空管選び

真空管入門

バイアス調整入門

真空管交換

ギタリストのための真空管聴き比べセミナー

SOUND BAR

バイアスフリー倶楽部

オーダーメイドの真空管選び

真空管の無料相談

 


Archive for 4月, 2011

【ヴィンテージ管】12AT7WA Mullard 限定販売のお知らせ

火曜日, 4月 26th, 2011

ヴィンテージ管 12AT7WA Mullard 限定販売のお知らせ

こんにちは、真空管専門店 ヴィンテージサウンド 代表の佐々木です。

12AT7WA Mullard
【ヴィンテージ管】12AT7WA Mullard

今から6年くらい前に、海外の取引先からヴィンテージモノのMullard 12AT7WAを
100本入荷したことがありました。
その中で、特性が揃った双極マッチを選別して保管しておいたような記憶があり
ましたが、倉庫のどこかにいったままで、お蔵入りしておりました。

が、先日、倉庫をガサゴソしておりましたら、発見!

再度、エージング後、測定してみたら、キレイに揃っており、
2本マッチが6セット、1本双極マッチが1本、とれました。

コンディションも、元箱付きで、新品そのもので、とにかく美しい。

オリジナル(復刻品ではありません)の12AT7WAは、貴重品です。

在庫はこれ限りですので、販売したら終了です。
よろしければ、ご検討くださいませ。

【ヴィンテージ管】12AT7WA Mullard 1本双極マッチ 1本限定

【ヴィンテージ管】12AT7WA Mullard 2本マッチ 6セット限定
2011.4.26                

Good music !

(c) 2011 VINTAGE SOUND

 

まずはお電話ください。 メールで真空管の質問をする

パワー管交換の前に見て下さい。

オーダーメイドの「真空管選び

ヴィンテージ管 6BM8 TUNGSRAM 入荷のご案内

日曜日, 4月 24th, 2011

ヴィンテージ管 6BM8 TUNGSRAM 入荷のご案内

こんにちは、真空管専門店 ヴィンテージサウンド 代表の佐々木です。

6BM8 TUNGSRAM
6BM8/ECL82 TUNGSRAM 4本マッチ 48時間エージング済み

6BM8 TUNGSRAM
6BM8/ECL82 TUNGSRAM 2本マッチ 48時間エージング済み

 

アンプの作り易さから、パワー管としてエレキット等に採用されている6BM8はよく使われます。

しかしながら、現行品は、エレクトロハーモニクスでしか製造されていないため、選択の
余地がなく、別のサウンドにという要望にはお応えできませんでした。

が、しかし、

ヴィンテージ管の6BM8が入荷いたしました。

しかも、ブランドは、ヨーロッパで名球を多く製造していたTUNGSRAM(タングスラム)です。

今回は、弊社で48時間のエージングをしっかり施した後、測定選別した
2本マッチと、4本マッチをご用意しました。

希少な製造中止品ですので、数に限りがあります。

ぜひ、ヴィンテージサウンドをお試しください。
↓こちらで購入できます。
http://www.vintagesound.jp//index.php?main_page=index&cPath=898_953_964

 

2011.4.24                 

Good music !

(c) 2011 VINTAGE SOUND

 

まずはお電話ください。 メールで真空管の質問をする

パワー管交換の前に見て下さい。

オーダーメイドの「真空管選び

12AU7 1962年仏製 ヴィンテージ管 入荷のご案内

土曜日, 4月 23rd, 2011

12AU7 1962年仏製 ヴィンテージ管 入荷のご案内

こんにちは、真空管専門店 ヴィンテージサウンド 代表の佐々木です。

12AU7 CIFTE
フランス製のヴィンテージ管等が入荷いたしました。

12AU7/ECC82です。製造年は1962年で、プレート形状はウイング型(翼形状)です。

製造会社は、フランスのCIFTE社です。

元箱入りの新品デットストック品です。

早速、弊社のオーディオシステムでホリーコールを試聴してみました。

最初にエレハモの12AU7で鳴らすと、全体的に硬い感じで、カチッとした
中域です。

次に、RCA 12AU7 クリアトップに交換すると、信じられないくらい立体的な
臨場感あふれる音になり、これぞヴィンテージ管とうならせる逸品です。

そして、最後に今回入荷のCIFTE社 12AU7を試してみると・・・。

「RCA 12AU7 よりもイイ」というのが率直な感想です。

奥行き感がさらに増し、ボーカルの高域の伸びがとにかくすばらしい。

お奨めの逸品です。

↓こちらで購入できます。
http://www.vintagesound.jp//index.php?main_page=advanced_search_result&search_in_description=1&keyword=CIFTE

オーディオアンプはもとより、ギターアンプでもご使用いただいております。
http://www.vintagesound.jp/index.php?main_page=page&id=919&chapter=0

2011.4.23                 

Good music !

(c) 2011 VINTAGE SOUND

 

まずはお電話ください。 メールで真空管の質問をする

パワー管交換の前に見て下さい。

オーダーメイドの「真空管選び

【生産終了管】300B Sovtek 2本マッチ入荷のお知らせ

金曜日, 4月 22nd, 2011

【生産終了管】300B Sovtek 2本マッチ入荷のお知らせ

こんにちは、真空管専門店 ヴィンテージサウンド 代表の佐々木です。

300B Sovtek

数年前に突如生産終了した300B Sovtekが1ペア入荷しました。

現在ではなかなか見つからない真空管となってしまいました。

予備球にいかがでしょうか。1ペアのみです。
【生産終了管】300B Sovtek 2本マッチ V0027 32,000円

 

【ライブのお知らせ】

第2回バンド応援プロジェクトで応援させていただいている打首獄門同好会がワンマンライブを行います。

バンド結成以来の最大のライブということで、詳細を告知させていただきます。

非常に個性的なバンドで、youtubeでもご覧いただけます。

———————
☆4月29日(金・祝)渋谷WWW
ツアーファイナル・打首獄門同好会ワンマンライブ
「なわけで、ワンマンですよろしくダカダダンジャーン」
OPEN 18:00 / START 19:00
前売¥3,000 / 当日¥3,300/ドリンク別¥500
プレイガイド:
ローソンチケット 0570-084-003(Lコード:78114)
チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード:131-346)
イープラス http://eplus.jp

チケット取り置き予約受付(mixi打首コミュ・ワンマントピ)
http://mixi.jp/view_event.pl?id=61501532&comm_id=548849
———————

2011.4.22                  

Good music !

(c) 2011 VINTAGE SOUND

 

まずはお電話ください。 メールで真空管の質問をする

パワー管交換の前に見て下さい。

オーダーメイドの「真空管選び

第3回バンド活動応援プロジェクト 応募エントリー状況2

水曜日, 4月 20th, 2011

第3回バンド活動応援プロジェクト 応募エントリー状況2

こんにちは、真空管専門店 ヴィンテージサウンド 代表の佐々木です。

ヴィンテージサウンドでは、全国でがんばっているバンドを真空管を通じて応援するプロジェクトを進めております。

現在は、第3回の応募エントリーの受付中で、本日、つぎのバンドにエントリーをしていただきました。

エントリー番号 03-002
エントリー日 2011/4/20
バンド名 HARTONE(ハルトーン)
活動年数 9年
構成人数 3名
プロフィール 突き抜ける声、明日へ誘うメッセージ、グルーヴィーなサウンド、
その全てを常に渾身のストレートで投げ込むトリオバンド。
2009年ギター上田洋輔が加入。
この3人で新たな一歩を踏み出そうという決意で、
バンド名をPAZOOから「HARTONE」に改名。 

HARTONEはHART=心臓、TONE=音色
「心臓の音」という意味が込められている。
ドキドキやワクワクを乗せて、生きた音を鳴らしたい
という想いから命名された。

ストリート、インストア、ライブハウス等で精力的に活動しています。

You Tube
楽曲のご紹介
http://www.youtube.com/watch?v=D4Z-lu7rfy0&feature=player_embedd
バンドHP http://www.hartone.com/
   

 

5月末までエントリー受付をしますので、真空管のバージョンアップで、サウンドを飛躍的に改善したいバンドを大々的に募集しております。

応募要領をご案内いたしますので、多数のエントリーをお待ちしております。

 

【第3回バンド活動応援プロジェクトの応募要領】

ヴィンテージサウンドでは、社会貢献の一環として、売り上げの一部をバンド活動を応援するプロジェクトに充てる活動を行っております。

具体的には、バンド内のギター真空管アンプ1台について、ヴィンテージサウンド代表の佐々木によるサウンド改善の無償コンサルティングをした後、同真空管アンプの真空管を無償で提供することにより、成功への後押しをお手伝いいたします。

【応募資格】
活動期間1年以上の音楽バンド(ソロも可能)で、バンド告知用ホームページを持っていること。
年齢、プロアマを問いません。
YOU TUBEに演奏楽曲がアップロードされていること(応募審査時に使います)。

【条件】
真空管の交換の様子等を画像等で弊社HPで紹介させていただきますので、同画像および交換時のレポート、サウンド改善のレポートを弊社指定の期限までにご提出いただきます。
バンド告知用HPと弊社HPとの間で相互リンクを貼らせていただきます。200×52サイズのバナーを用意しますので、バンド告知用HPのトップページから弊社HPのトップページにリンクを設定してください。

弊社HPでは、専用の紹介ページからバンド告知用HPのトップページにリンクを設定します。バナーを用意いただければ、それを使わせていただきます。

なお、相互リンク期間は3年間とさせていただきます。
【特典】
ギターアンプの音質改善の無償コンサルティング
真空管の無償提供
真空管は最高グレードのプレミアムクラス72時間エージングを使用
弊社HPにてバンドを紹介・告知

【応募方法】
ここをクリックして専用の応募フォームにご記入・送信で、正式エントリーとなります。

【第3回応募期間】
平成23年4月1日〜5月31日

応募者多数の場合には、弊社にて応募審査の上、プロジェクトに参加いただくバンドを決定いたします。

【第3回応募 該当バンド発表】
平成23年6月1日

2011.4.20                  

Good music !

(c) 2011 VINTAGE SOUND

 

まずはお電話ください。 メールで真空管の質問をする

パワー管交換の前に見て下さい。

オーダーメイドの「真空管選び

オーディオテクネ 真空管交換レポート 東京都 伊奈様

火曜日, 4月 19th, 2011

オーディオテクネ 真空管交換レポート 東京都 伊奈様

こんにちは、真空管専門店 ヴィンテージサウンド 代表の佐々木です。

先日、東京都在住の伊奈様より、オーディオテクネの真空管交換のご相談をいただきました。

同アンプに実装されている真空管は、パワー管6550×4本と、プリ管6BX7×2ということでした

ので、ご希望サウンドを伺った上で、バイアスフリー倶楽部の逆バイアス調整にてパワー管を交換

することをご提案させていただき、真空管一式を弊社宛にご送付いただきました。

 

翌日、伊奈様からの真空管が到着いたしましたので、早速、測定を実施し、その結果を伊奈様へメールさせていただきました。

 

—————-佐々木から伊奈様へのメール はじまり———————-

伊奈 様

この度は、お問い合わせいただきありがとうございます。
ヴィンテージサウンド代表の佐々木と申します。

本日、6550×4本と6BX7GT×2本を確かに受け取りました。

早速、6BX7GTを拝見したところ、これは、米国ヴィンテージ管で
しかも、初期ブラックプレートという希少品でした。

弊社に在庫がございませんでしたが、これらを測定したところ、
基準値4550に対して、いずれも8000前後と問題なく、ご使用いただ
けますので、今回は、パワー管のみの交換で対応されるのが
よろしいと思います。

なお、パワー管は、かなりの劣化とばらつきがありました。
—————-佐々木から伊奈様へのメール 終わり————————
今回は、パワー管として、つぎのKT120をご提案させていただき、伊奈様のご了解にて納品させていただきました。
KT120(超KT88) TUNG-SOL 4本マッチ 中パワー 真空管PX22 【送料無料】 48,100円
それから、数日後、伊奈様より、大変うれしいレポートメールが届きました。

 

—————–伊奈様からのメール はじまり—————————-

先日はお手配ありがとうございました
ご報告が遅くなりましたこと、まずもってお詫び申し上げます

当方に到着後、すぐに取り付け、音出しをいたしました
これまでより、はるかに艶やかで豊な響き、そして奥行きが増したことに驚きました
朗々と、かつ生き生きした鳴りっぷりに、心の底から感動いたしました

ベストコンディションの頃(随分前になるかと思いますが)は
こんなに良かったのかな?と感じるくらいです

とかく真空管のアンプは重量があり、持ち運びの負担は大きくなります
そのことで、当初、真空管の入替に腰が重く、数週間使わずに躊躇しておりました

ネットで調べるうちに御社の逆バイアス調整というシステムを知り、
早速お電話してご相談したしだいです
登録することにより、カルテでこちらのアンプの状況を管理して頂けるのも
ユーザーにとって、大変安心感があります

今回お世話になり大変助かりました
ご縁があって良かったです

他にプリも真空管ですので、またもお世話になると思います

—————–伊奈様からのメール おわり—————————-

 

伊奈様には、KT120が大変気に入っていただき、お奨めした私自身もうれしくなってしまいました。

この場を借りて、レポートの掲載を実名でご快諾いただいた伊奈様にお礼を申し上げます。

ありがとうございました。

 

2011.4.19                      

Good music !

(c) 2011 VINTAGE SOUND

 

まずはお電話ください。 メールで真空管の質問をする

パワー管交換の前に見て下さい。

オーダーメイドの「真空管選び

米国ヴィンテージ管 6V6GT 25ペア 限定入荷のお知らせ

月曜日, 4月 18th, 2011

米国ヴィンテージ管 6V6GT 25ペア 限定入荷のお知らせ

こんにちは、真空管専門店 ヴィンテージサウンド 代表の佐々木です。

暫くの間、ヴィンテージ管の入荷がありませんでしたが、先日、米国の取引先より 6V6GT Philipsを50本 入荷しました。

米国ヴィンテージ管 6V6GT Philips

早速、丁寧に電圧管理しながら、48時間エージングをかけ、私自身が1本1本測定 しました。

本日より、発売します。

但し、数量は25ペアのみです。

ヴィンテージ管は、その希少性はもとより、サウンドクオリティが別格です。

是非、この機会にヴィンテージ管をお試しください。

 

↓↓こちらより購入できます。

【米国ヴィンテージ管】6V6GT Philips 2本マッチ HX 17,000円
2011.4.18                      

Good music !

(c) 2011 VINTAGE SOUND

 

まずはお電話ください。 メールで真空管の質問をする

パワー管交換の前に見て下さい。

オーダーメイドの「真空管選び

大好評 300B GOLD LION 完売御礼

木曜日, 4月 14th, 2011

大好評 300B GOLD LION  完売御礼

こんにちは、真空管専門店 ヴィンテージサウンド 代表の佐々木です。

2011年1月に入荷分のGOLD LION 300Bが、本日完売いたしました。

これまで、10セットを販売させていただきましたが、ジャズ、オーケストラ、ヴォーカルのジャンルを問わない懐の深さと上品なルックスで高い評価をいただいております。

 

もっとも多い交換動機は、中国製300Bの低音の薄さ、高音のきつさを解消したいというものです。

 

GOLD LIONは、英国ヴィンテージ管の復刻品としてKT88, KT77, KT66等の人気シリーズのブランドです。

次回の入荷予定は、5月ですが、入荷数が限られているため、ご希望の方は、ご予約をお奨めいたします。

5月の発売も、前回同様に、

300B GOLD LION 2本マッチ 真空管PX29 【送料無料】 最高のプレミアムクラス \54,000 のみです。

入荷後、弊社にて72時間エージングを施した後、測定、選別した最高グレード、プレミアムクラスに仕上げます。また、210日間の保証も付きます。

ご予約は、メールにて、「300B GOLD LION ペア 予約」というタイトルでお送りください。

今回も数に限りがありますので、お早めにどうぞ。

300B GOLD LION

ゴージャスでエレガントな雰囲気は、GOLD LIONにしかできないものです。

300B GOLD LION

ガラス管の表面には、Gold Lionの筆記体ロゴがプリントされているとともに、白磁器のベースには、鮮やかなオレンジ色の白ヌキでGenalexのロゴが配されております。

300B GOLD LIOn

反対側のガラス表面には、立ち上がったライオンキャラクタが金色にプリントされております。

300B GOLD LION

さらに、4ピンは、金メッキされており、より一層豪華な雰囲気を引き立てます。

それでは、5月上旬の入荷を楽しみにお待ちください。

2011.4.14                      

Good music !

(c) 2011 VINTAGE SOUND

 

まずはお電話ください。 メールで真空管の質問をする

パワー管交換の前に見て下さい。

オーダーメイドの「真空管選び

真空管交換レポートVol.3  >>> VHT 2902 編 by G-SWING YOSUKE様

火曜日, 4月 12th, 2011

真空管交換レポートVol.3 >>> VHT 2902 編 by G-SWING YOSUKE様

こんにちは、真空管専門店のヴィンテージサウンド代表の佐々木です。

第2回 バンド活動応援プロジェクトで真空管をご提供させていただいたG-SWINGのギタリストYOSUKE様より、真空管交換レポートをいただきましたので、ご紹介いたします。

【真空管交換前の基本データ】
[ ギターアンプメーカ・型番 ] VHT 2902
[ パワー管の型番・ブランド・本数 ] KT88 Sovtek(VHTロゴ) 4本
[ プリ管の型番・ブランド・本数 ] 12AX7LPS Sovtek 2本/12AU7 Sovtek 2本
[ 対象ジャンル ] ロック ブルース
[ 現状の音で気になる点 ] 音圧が低く、音抜けがあまり良くない。また温かみがあまりない。
[ 目指したい理想サウンド ] 真空管アンプらしい太いサウンド。あまりドンシャリしない音。

また、YOSUKE様とは直接お電話にて、お話させていただき、希望サウンドを十分に伺った上で、適切なパワー管とプリ管を複数種類送らせていただきました。

G-SWING YOSUKE様の交換レポート

以下、YOSUKE様の交換レポートです。

真空管交換によるサウンドレポート(G-SWING/YOSUKE)

使用している機材はVHTの2902というパワーアンプです。

交換以前はVHT純正パワー管Sovtek KT88を4本プリ管はSovtek 12AX7LPSを2本、Electro Harmonix 12AU7を2本搭載していました。

プリ管は交換したばかりでしたが、パワー管は購入以来、一度も交換していませんでした。

KT88 Sovtek 純正管
VHT(Sovtek) KT88管

 

その時の音としては、すこし歪み気味で、パワー管ヘタリのせいか少しノイズが出ていました。

また音圧が低く、音抜けがあまり良くない。また温かみがあまりない音でした。
交換に際して目標としていた音は真空管アンプらしい太いサウンド、あまりドンシャリしない音でした。

ヴィンテージサウンドさんから推奨して頂いた真空管はTUNG-SOLとElectoro Harmonixのパワー管2種類、
MullardとTUNG-SOLの12AX7管、CIFTEとJJゴールドの12AU7管、計4種類のプリ管でした。

TUNG-SOLのパワー管とEHのパワー管 

 

 

 

−交換手順−
交換は簡単で、アンプの天板を外し真空管を引き抜くだけです。交換の際の詳しい注意事項はヴィンテージサウンドさんのHP(http://www.vintagesound.jp/index.php?main_page=page&id=888&chapter=0)に載っていたものを参考にしました。


天板のネジを全て外します。


交換前のプリ管です。

 

−交換後の音−
結論から言うとパワー管がTUNG-SOL 6550、プリ管がMullardとCIFTEです。

全ての組み合わせに大きな違いはあまりなく、この組み合わせが自分の耳には一番しっくりくるサウンドでした。

音としては、音の分離、粒立ちが非常によく、強く歪ませても潰れないサウンドでした。

他の組み合わせより少しハイが強いかな?と感じましたが気になるほどではなく、低音もしっかり抜けよく鳴ってくれています。

歪ませた状態でコードを弾いても1本1本の弦がしっかり鳴ってくれました。

またハイポジションでソロフレーズを弾いても太い音で、なめらかな音でした。

ここはプリ管のMullardがひと役買ってくれているのかなと思いました。

チョーキングをしても音が細くならず、しっかり太い音で鳴ってくれます。目標としていた音をしっかり捉えており、

この組み合わせは非常に満足しています!

 


交換後のTUNG-SOLのパワー管


交換後のMullardとCIFTEのプリ管

 

−他の組み合わせについて−
大きな違いはありませんでしたが、感じられたものを記述したいと思います。

全てに於いて言えるのが、音の分離がいいという事です。

パワー管TUNG-SOL、プリ管がTUNG-SOL、JJゴールドという組み合わせはとても音が太くなりました。

しかし、私の耳には少し太すぎる音でした。

パワー管をEHのKT88管にし、全てのパターンのプリ管を試しましたが先述した通り、あまり大きな違いが得られませんでした。

レポートは全て同ギター、同セッティングで行っています。

しかし、個人差があると思いますので参考程度でお願いします。
また、この度はこの様な貴重な機会を与えて下さったヴィンテージサウンド、代表である佐々木様に大変感謝しております。有難う御座いました。

以上

 

最終的には、つぎのパワー管とプリ管をご提供させていただきました。

6550 TUNG-SOL 4本マッチ 中パワー 真空管PX22 【送料無料】37,000円
12AX7 Mullard 2本マッチ 中ゲイン 真空管PX12 【送料無料】15,400円
12AU7 CIFTE フランスヴィンテージ管 2本マッチ 24,000円

【G-SWING プロフィール】

エントリー番号 02-003
エントリー日 2011/02/11
バンド名 G-SWING
活動年数 3年
構成人数 6名
プロフィール 東京で活動中のGLAYのコピーバンドです。
2008年10月12日、現メンバーで「G-SWING」を結成
2008年12月にLIVEデビュー
3rd LIVEでは100人近くのお客さんに来て頂きました。
4th LIVE~1st Anniversary~も成功を収め、2010.3.5にはNHK BS2「熱中夜話」にも出演しました。
You Tube
楽曲のご紹介
http://www.youtube.com/watch?v=cIPL-_eRMXI&feature=player_embedd%20ed%20
バンドHP G-SWING

 

 

2011.4.13                 

Good music !

(c) 2011 VINTAGE SOUND

 

 

まずはお電話ください。 メールで真空管の質問をする

真空管の聴き比べができます

真空管交換レポートVol.2 >>> Peavey5150 編 by aozoa numa様

火曜日, 4月 12th, 2011

真空管交換レポートVol.2 >>> Peavey5150 編 by aozoa numa様

こんにちは、真空管専門店のヴィンテージサウンド代表の佐々木です。

第1回 バンド活動応援プロジェクトで真空管をご提供させていただいたaozoaのギタリストnuma様より、真空管交換レポートをいただきましたので、ご紹介いたします。

【真空管交換前の基本データ】
[ ギターアンプメーカ・型番 ] Peavey5150
[ パワー管の型番・ブランド・本数 ] electron 6L6 4本
[ プリ管の型番・ブランド・本数 ] GT12AX7R2初段1本、ほか4本不明
[ 対象ジャンル ] ロック
[ 現状の音で気になる点 ] 現状で音圧はあるがもっと音を太くしたい。音の抜けをもっとよくしたい。
[ 目指したい理想サウンド ] クリアで太いサウンド。粒がそろった歪み。
また、numa様とは直接お電話にて、お話させていただき、希望サウンドを十分に伺った上で、適切なパワー管とプリ管を複数種類送らせていただきました。

aozoa numa様の交換レポート

以下、numa様の交換レポートです。

aozoa guitar numa〔真空管交換〜試奏レポート〕

この度、ビィンテージサウンド佐々木様より自身のアンプを最適化するべく真空管を選んで頂き、無償でご提供頂きました。

〇藩僖▲鵐廖味陦紕瓧ey5150〕
peavey5150

marshall キャビネット

5150は使用歴が長く10年くらい愛用しております。以前は兇鮖箸辰討りましたが、今現在はノーマールな5150を使用しております。

以前使用していた兇任禄秬気烹鵤錚tecが装着されており、一度grove tubeのパワー管を装着したことがありましたが、その際に真空管で『サウンドの変化』があることがわかりました。

今現在使用している5150は中古で入手しました。パワー管にerectronの6L6〔チャイナ管〕、プリには何も記載されていないのが装着されており〔恐らくチャイナ管?〕、初段のみですがGROVE TUBEのR2に変更しました。〔GT管ってただの選別管なのは知っていましたが…〕

6L6GC China

GT-12AX7R2

 

∈2鵐咼ンンテージサウンド様より真空管を提供して頂けることになり、代表の佐々木様へサウンドの改善点や「こんな音を出したい!」とご相談させていただきました。

佐々木様より「現状のチャイナ管だとアンプの性能を発揮していないのでもったいない!」と指導頂き、真空管マイスターである佐々木様へ希望のサウンドを相談させていただきました。

  1. 今より太い音〔現状でそれなりに音圧はあるが抜けが悪い。〕 
  2. 抜けのいい音
  3. 粒の揃った歪

を出したいと!希望するサウンドをすべて申告させていただきました。
佐々木様より「わかりました。今回2種類〔プリ・パワー共に〕を送りますので色々な組み合わせで自分の気に入ったサウンドで選んでください!」との言葉を頂き自身の現状ついているパワー管を送付し選んで頂いた真空管とともにご返送していただきました。

 

ビィンテージサウンド佐々木様より提供して頂きました真空管。

まず箱を空けたら自分が知っている限り高価な真空管が入っておりました・・・

以下を提供いただきました↓

すべて自社エージング72時間、210日保障のプレミアムクラス

●プリ管TUNG-SOL →12AX7 ゴールドピン

ECC803S TUNG-SOL

 

●プリ管Mullard→12AX7

12AX7 Mullard

 

パワー管TUNG-SOL→6L6 マッチド

12AX7 TUNG-SOL

 

パワー管 ELECTRO HARMONIX→6L6 マッチド

6L6GC EH

 

早速スタジオで様々な組み合わせで試奏しました。

ちなみに2年前くらいからビィンテージサウンドさんのサイトを拝見しておりましたが、まずパワー管でバイアス調整がいらない!というのに驚かされた記憶があります。

パワー管の交換の時にバイアス調整はつきものだと思っていましたから・・・
「えっバイアス調整いらないの?アンプ壊れるでしょ?」とその時は思いました・・・
hp内の佐々木様のコラムを読んで納得した記憶があります(笑)
逆バイアス調整」には驚かされました。現状ついているパワー管を測定して頂き自身のアンプに最適なパワー管を選んで頂ける。って方法があるなんてと・・・

それでは試奏レポートをさせていただきます。
自宅では爆音は出せないのでスタジオにて・・・
キャビはどこにでもあるマーシャル1960Aを使用。

Marshall 1960A

Marshall 1960A

 

●まずはプリ管:プリ管TUNG-SOL →12AX7 ゴールドピンとパワー管TUNG-SOL→6L6 マッチドでの組み合わせ。
パワー管もプリ管も抜き挿しで交換可能です!

12AX7 TUNG-SOL

6L6GC TUNG-SOL 装着中
TUNG-SOL→6L6装着中

6L6GC TUNG-SOL 装着完了
装着完了

→まずは圧倒的なパワーに驚かされました!いつもはVOLを3〜4くらいで使用してますが、VOL2くらいでもいつもの音量、音圧があります。低域も容赦なく出ます(笑)!というよりアンプの特性もありますがEQのBASSとレゾナンスを上げていくと地響きがしまいた(笑)恐ろしくてフルにできないくらいパワーがあります。

驚くパワーです!ちなみに5150ユーザーのブログをたまに拝見しますが結構5150にTUNG-SOLを装着している方がいるそうで個人的にこの組み合わせは楽しみにしてました。

いやー圧倒的パワーです。歪みの印象は「太い歪だけどそこに上品さが加わった感じ」と言っておきます。GT-R2をつけた時も太い歪みの印象でしたがそれ以上に太い歪みです。

しかも上品さがあり、粒が揃っています。

 

●次にプリ管Mullard→12AX7 パワー管TUNG-SOL→6L6 マッチドでの組みあわせです。

12AX7 Mullard 装着中 
Mullard→12AX7装着中

私の中ではMullardは超高級管との知識がありました。その通り高級な真空管です(笑)
いや〜すごく楽しみです。
→まずはTUNG-SOL →12AX7 ゴールドピンと比べるとまとまった歪み。いやー粒も揃っていて上品な歪みです。しかも全帯域の音が太く前にでてきます。

12AX7 Mullard
プリ管Mullard→12AX7

6L6GC TUNG-SOL
パワー管TUNG-SOL→6L6

しかも気に入ったのがhighが埋もれず出てきます。この組み合わせかなり気に入りました!

 

●次にプリ管Mullard→12AX7 パワー管 ELECTRO HARMONIX→6L6 マッチドでの組みあわせ。

6L6GC EH
Mullard→12AX7 パワー管 ELECTRO HARMONIX→6L6

12AX7 Mullard 6L6GC EH

 

何度も言わせて頂きますがパワー管をただ抜き挿しして交換可能とは超便利です!

この組み合わせ。すごくまとまってます。いい意味で暴れません。低音も出すぎることなく非常にまとまってますが、パワー的に先ほどの組み合わせよりは物足りない感じしますが・・・すごく上品で まとまった音、暴れない音が好きな方には向いているかもですが、自分にはちょっと物足りない感じです。

優等生な組み合わせです。

Mullardの特性なのでしょうか?自分にはわかりませんがこちらもhighが埋もれずしっかり出てきます。

 

●最後はプリ管:プリ管 →TUNG-SOL12AX7 ゴールドピンとパワー管 ELECTRO HARMONIX→6L6 マッチドでの組み合わせ

12AX7 TUNG-SOL
TUNG-SOL →12AX7 ゴールドピンとパワー管 ELECTRO HARMONIX→6L6

6L6GC EH

ECC803S TUNG-SOL

この組み合わせ自分は好きな組みあわせです。

上品すぎず、暴れすぎず丁度いい感じです。意外とTUNG-SOL同士がいいのかな〜とも思いきやELECTRO HARMONIX→6L6との相性もいいです。

丁度いいです。自分の好みです。

 

以上の試奏を終えて。

真空管の組み合わせは奥が深いことをあらためて実感しました。

それぞれ真空管の特性の違いをすごく感じました。

今回、真空管のプロ佐々木様より厳選、ご提供頂いた真空管で試奏させていただきました。どれも甲乙つけがたい組み合わせで。。。

様々な組み合わせで試奏させていただきましたが (やはり音は自分の好みもありますので)

プリ管Mullard→12AX7 パワー管TUNG-SOL→6L6とTUNG-SOL L12AX7 ゴールドピンとパワー管 ELECTRO HARMONIX→6L6が非常に気に入りました。

いやー悩みました。ギリギリまで。。。 

今回はプリ管Mullard→12AX7 パワー管TUNG-SOL→6L6で決定させていただきました。

ビィンテージサウンド佐々木様には感謝申し上げます。

 

ギターのサウンドを改善したい方で真空管アンプを利用している方は一度ご相談してみるべきだと思います。

劇的にサウンドが変わりますよ・・・

Marshall キャビネット

 

 

最終的には、つぎのパワー管とプリ管をご提供させていただきました。

12AX7 Mullard 4本マッチ 中ゲイン 真空管PX12 31,300円
6L6G TUNG-SOL 4本マッチ 中パワー 真空管PX22 23,700円
【aozoa プロフィール】

エントリー番号 01-001
エントリー日 2010/12/12
バンド名 aozoa
活動年数 3年
構成人数 5名
プロフィール まだこのバンド自体の活動暦は短いですが、各メンバーのキャリアは長く、各々活動しておりました。
ツインギターにメロディアスなボーカルが絡むヘビーロックバンドです。
You Tube
楽曲のご紹介
http://www.youtube.com/watch?v=CnEqJcw0yLU&feature=related
バンドHP aozoa

 

【aozoaの音楽をお聴きになりたい方へ CDリリースのお知らせ】

aozoa dot in circle

“dot in the circle” now on sale

01 the fall

02 a little too late

03 10Q2U
04 girls in full bloom
05 fragile
06 a quiet morning

6 songs includes. 1000yen (tax in)
online shop cart now available

 

2011.4.12                 

Good music !

(c) 2011 VINTAGE SOUND

 

 

まずはお電話ください。 メールで真空管の質問をする

真空管の聴き比べができます

真空管交換レポートVol.1 >>> MARSHALL JCM2000 TSL100 編 by VAIRUS kenji様

月曜日, 4月 11th, 2011

真空管交換レポートVol.1 >>> MARSHALL JCM2000 TSL100 編 by VAIRUS kenji様

こんにちは、真空管専門店のヴィンテージサウンド代表の佐々木です。

第1回 バンド活動応援プロジェクトで真空管をご提供させていただいたVAIRUSのギタリストkneji様より、真空管交換レポートをいただきましたので、ご紹介いたします。

【真空管交換前の基本データ】
[ ギターアンプメーカ・型番 ] MARSHALL JCM2000 TSL100
[ パワー管の型番・ブランド・本数 ] EL34 4本
[ プリ管の型番・ブランド・本数 ] ECC83 4本
[ 整流管の型番・ブランド・本数 ] なし
[ 対象ジャンル ] ロック
[ 現状の音で気になる点 ] 音が硬いためオーバードライブをブースター代わりに入れて丸みを出しています。できればエフェクターなしで角の取れた音が出したいです。
[ 目指したい理想サウンド ] 中音域が太くやわらかい感じの音、それでいて抜けの良い音

 

また、kenji様とは直接お電話にて、お話させていただき、希望サウンドを十分に伺った上で、適切なパワー管とプリ管を複数種類送らせていただきました。

VAIRUS kenji様の交換レポート

以下、kenji様の交換レポートです。

まずは、You Tubeにて、動画レポートをご覧ください。

【交換前の状態】
音が硬いのが気になる。

【セッティング】
MARSHALL JCM2000 TSL100
プレゼンス  1
トレブル    1
ミドル     10
ベース    10
ゲイン     4

【交換後感じた事】
音が太くなって輪郭がはっきりしました。さらにパワーアップ!ゲインも増えました。
粘りも出た感じがします。
今まで真空管を他のマーシャルで2回変えていますが、
ここまで変化するとは思いませんでした。
TUNG-SOLも良いですが、Mullardの方がさらに太く、歪みますね
残念なのはビデオ映像として録画された物を見ても実際の違いが旨く伝わりにくい事です。
カメラのマイクの性能もありますし、まず音圧感、その他は生音でしか伝わらないと思います。
音の硬さに関しては以前より角が取れた感じもします。
スタジオで使用してみたら、メンバーがいつもと違う音に気が付きいました。
今までとは違ったグレードアップしたマーシャルが手に入った事に感謝致します。

写真は交換前の状態と交換してバイアス調整している様子です。

交換前の様子
【交換前の様子 パワー管はMarshall EL34 純正管】

交換後の様子1
【交換後の様子1 TUNG-SOL EL34】

交換後の様子2
【交換後の様子2 バイアス調整】

最終的には、つぎのパワー管とプリ管をご提供させていただきました。

12AX7 Mullard 4本マッチ 高ゲイン 真空管PX13 【送料無料】31,300円
EL34 Mullard 4本マッチ 中パワー 真空管PX22 【送料無料】 27,100円

【VIRUS プロフィール】

エントリー番号 01-002
エントリー日 2010/12/14
バンド名 VAIRUS
活動年数 6年
構成人数 5名
プロフィール 大分県発の現役オリジナルジャパメタバンドです。
メロディアス&ハードがモットー
年に4回ほどライブを続けています。
You Tube
楽曲のご紹介
http://www.youtube.com/watch?v=UfJxW43afYg
バンドHP VAIRUS

 

 

2011.4.11                  

Good music !

(c) 2011 VINTAGE SOUND

 

 

まずはお電話ください。 メールで真空管の質問をする

真空管の聴き比べができます