業界一親切な真空管マイスターがいる専門店

 

お支払方法ロゴ

1万円(税込)以上送料無料・最短翌日配送

ヴィンテージサウンドロゴ

理想サウンドを叶える真空管

お見積り

電話無料相談はこちら

トップ

お客様の声

商品一覧

送料支払い

よくあるご質問

サイトマップ

会社概要

ポリシー

マスコミ紹介

リンクフリー

 

バー

真空管トラブル110番

代表のブログ

間違いだらけの真空管選び

真空管入門

バイアス調整入門

真空管交換

ギタリストのための真空管聴き比べセミナー

SOUND BAR

バイアスフリー倶楽部

オーダーメイドの真空管選び

真空管の無料相談

 


速報 第3回 ギタリストのための真空管聴き比べセミナーのご報告


速報 第3回 ギタリストのための真空管聴き比べセミナーのご報告 

こんにちは、真空管専門店 ヴィンテージサウンド 代表の佐々木です。

11月23日開催の第3回真空管聴き比べセミナーの様子を報告します。

於:スタジオノア 東京 高田馬場店 1310〜

今回は、第1回目と同じ場所でセミナーを実施しました。

3回連続または2回連続でご参加いただた方が複数いらっしゃり、顔見知りのお客様の前で開催できる安心感の中で無事終了することができました。

祝日にもかかわず足をお運びいただいた皆様、ありがとうございました。

 

今までのセミナーと異なる点は、アンプとして、スタジオ常設のMarshall JCM2000 EL34系を使った点です。つまり、純正のMarshallアンプを真空管だけでどこまでブラッシュアンプさせるかが、腕の見せ所となります。

【真空管構成】12AX7×4本、EL34×4本

【バイアス方式】固定バイアス(バイアス調整が必要な方式)

【バイアス調整方法】裏面にバイアス調整用の半固定抵抗が左右2つあり、左は、左側2本のEL34に、右は右側2本のEL34にそれぞれ対応しています。この半固定抵抗を回すと、EL34を流れるプレート電流が変化しますので、最適な範囲内に収まるように調整します。当日、プレート電流の測定には、バイアスキングを使いました。

 

肝心の真空管聴き比べパターンは、つぎの3パターンです。

【純正パターン1】EL34 Svetlana S Logo × 12AX7 Marshall(China)/EH
※EHが1本だけ混ざっておりましたが、ほぼ純正仕様とみなします。

【パターン2】E34L JJ ブルー × 12AX7 Ei ヴィンテージ管

【パターン3】EL34 Mullard × 12AX7 Mullard

 

各パターンは、「クリーン」、「クランチ」、「ディストーション」の3チャンネルをご用意しました。

PCからのリアンプ方式で音源を聴いていただいた後、参加者の皆様に実際にギターで演奏していただきました。

全パターン終了後に、参加者の皆様に、一番好きなパターンをお聞きしたところ、驚きの結果がでました。

【純正パターン1】0名

【パターン2】10名

【パターン3】10名

純正仕様は、一人の支持も無く、弊社で用意した、パターン2および3でキレイに分かれたという結果が出ました。

私の予想では、数名程度は純正支持派がいらっしゃるかなと思ったのですが、「純正神話」があっさりと崩れてしまい、真空管交換によるサウンド改善をお手伝いしている者としては、大大満足の結果でした。

まさに、論より証拠ですね。

 

会場の雰囲気の画像は後日アップします。

 

また、動画撮影も行いましたので、当日会場にお越しできなかった全国のギタリスト向けのyoutubeにて無料公開する予定です。楽しみにお待ちください。

最後に、撤収作業を手伝っていただいた皆様ありがとうございました。

 

過去のセミナーの様子はこちら

Good Music!

2011.11.24

 

(c) 2011 VINTAGE SOUND

 

まずはお電話ください。 メールで真空管の質問をする

パワー管交換の前に見て下さい。

オーダーメイドの「真空管選び

Comments are closed.