業界一親切な真空管マイスターがいる専門店

 

お支払方法ロゴ

1万円(税込)以上送料無料・最短翌日配送

ヴィンテージサウンドロゴ

理想サウンドを叶える真空管

お見積り

電話無料相談はこちら

トップ

お客様の声

商品一覧

送料支払い

よくあるご質問

サイトマップ

会社概要

ポリシー

マスコミ紹介

リンクフリー

 

バー

真空管トラブル110番

代表のブログ

間違いだらけの真空管選び

真空管入門

バイアス調整入門

真空管交換

ギタリストのための真空管聴き比べセミナー

SOUND BAR

バイアスフリー倶楽部

オーダーメイドの真空管選び

真空管の無料相談

 


修理店にアンプの真空管交換を依頼をする際に忘れてはいけないこと(その2)


修理店にアンプの真空管交換を依頼をする際に忘れてはいけないこと(その2)

こんにちは、真空管専門店 ヴィンテージサウンド 代表の佐々木です。

依頼者は、依頼方針を決める必要があります。この方針の違いによって、依頼する際のポイントが変わってきます。

依頼方針としては、つぎのいずれかとなるでしょう。

(1)全ておまかせで、音が出れば、音質にはこだわらない

(2)新品時と同じ音質にしたい

(3)今よりも、音質のグレードアップを図りたい

(1)は、修理店にとっては一番作業しやすいお客様で、手持ちの真空管を使え、サウンドが変わってもクレームの対象とはなりません。

(2)は、現在実装されている真空管と同じ規格、ブランドのものと交換しなければなりませんので、修理店との事前の話し合いでは、同じものが用意できることを確認してから、依頼をしてください。間違っても、互換球だとか代替品を使ってはいけません。当然のことながら、同じ音質にはなりません。

(3)は、修理店のスキルと、コミュニケーション能力が問われる一番難しい依頼です。依頼者は、現状サウンドの問題点と、理想サウンドと、予算を修理店の担当者に具体的に伝えるのがポイントです。著名ギタリストの名前を挙げるよりも、「クリーンでは、倍音が乗った綺麗な音にしたい」、「歪みでは、キメが細かく、密度が高く、音が潰れない」という具合にわかりやすく伝えてください。修理店に十分なスキルがあれば、理想サウンドに適した真空管をセレクトしてくれます。また、予算を言わないと、闇雲に高価なヴィンテージ管ばかり推薦されることにもなりかねません。ヴィンテージ管は確かに良いですが、予算とのかねあいで優良な現行管と組み合わせることも有効な方法です。

最後に、(1)〜(3)に共通することですが、交換前の真空管のブランド、本数、規格を記録してから修理に出してください。中には、交換前の真空管が高価なヴィンテージ管で、安価な現行品に交換されて、肝心のヴィンテージ管が戻ってこないという、詐欺のような例もありますのでご注意ください。

 

【効きすぎに注意!即効薬シリーズを無料公開中です】

全員に18000円分の真空管聴き比べライセンスをプレゼントします。

ギタリスト、オーディオファイル向け「真空管アンプの即効薬」

マーシャルオーナー向け「Marshallの即効薬」

ケトナーオーナー向け「Hughes & Kettnerの即効薬」

                    

Good music !

(c) 2012 VINTAGE SOUND

 

まずはお電話ください。 メールで真空管の質問をする

パワー管交換の前に見て下さい。

オーダーメイドの「真空管選び

Comments are closed.