業界一親切な真空管マイスターがいる専門店

 

お支払方法ロゴ

1万円(税込)以上送料無料・最短翌日配送

ヴィンテージサウンドロゴ

理想サウンドを叶える真空管

お見積り

電話無料相談はこちら

トップ

お客様の声

商品一覧

送料支払い

よくあるご質問

サイトマップ

会社概要

ポリシー

マスコミ紹介

リンクフリー

 

バー

真空管トラブル110番

代表のブログ

間違いだらけの真空管選び

真空管入門

バイアス調整入門

真空管交換

ギタリストのための真空管聴き比べセミナー

SOUND BAR

バイアスフリー倶楽部

オーダーメイドの真空管選び

真空管の無料相談

 


2014/4/24 最近頂いたお客様のお声


こんにちは、真空管専門店 ヴィンテージサウンド 代表の佐々木です。

最近届いたお客様の声を、ご紹介します。

■■2014年4月6日 千葉県 ヤマト 様

【アンプ型番】
Nmode  Lyric  VLA-1

今回、プリ段からパワーまで事前にご相談させて頂いた上で全8本の真空管を交換させて頂きました

交換前、大きな不満はなかったのですが、

1.全てにわたりもう一段上のレベルに移行できるのではないか と思い、

2.極低音域における分解能の向上 を目指して交換致しました

結果としては、

A:全域にわたり霧が1.5枚ほど晴れた(交換して感じた、交換前は霧がかかったようにはおもってなかった)

B:極低音域を含めて、ひとつひとつの音の中で微妙な強弱・ニュアンスの変化を感じれるようになりました。

Subシステムで同じNmodeのデジタルアンプ:プリX-DP1とパワーX-PW1 2台を使っているのですが、こちらの1bitデジタルアンプの微細なハイスイードの再生能力と全く互角になりました(真空管・交換前は負けていた)。

パワー(力強さ・表現能力)は真空管のVLA-1の方がありますので、VLA-1がMainシステムのアンプとなってます

安い費用ではありませんが、トランジスタアンプのように、アンプ自体を買い替えなくても、こうやって真空管の交換により、ステップアップできたり、別の方向に味付け楽しめるのは真空管アンプの楽しみですね。

VLA-1はパワー管KT88を、EL34や互換6550に変えられるので、次回は別な味付けを探してみたいと思ってます

【減額しないオーディオ銘機の買取】

◆オーディオへの思いを伺うからこそ、私共は査定の精度に絶対の自信があります。

【効きすぎに注意!即効薬シリーズを無料公開中です】

全員に18000円分の真空管聴き比べライセンスをプレゼントします。

ギタリスト、オーディオファイル向け「真空管アンプの即効薬」

マーシャルオーナー向け「Marshallの即効薬」

ケトナーオーナー向け「Hughes & Kettnerの即効薬」

Good music !

(c) 2014 VINTAGE SOUND

まずはお電話ください。 メールで真空管の質問をする

オーダーメイドの「真空管選び

Comments are closed.